芸能人

レーシックのデメリットに関して

現代科学の進歩によって、多くの人の命が救われています。
以前は不治の病と言われていた病気でも、医療の発達により手術方法や薬などが開発され、多くの人がその恩恵にあずかっています。
もちろん命に係わる病気だけでなく、身体的な疾患に悩んでいる人のためにも日々の科学の進歩は欠かせません。

しかしやはり受け入れなければならないことは、100%の手術は存在しないということです。
それは、視力を矯正させるためのレーシック手術においても同じことが言えます。
何故でしょうか。

そもそもレーシック手術は、レーザー光線を角膜に照射し、レンズの屈折率を変えることにより視力を矯正させるという手術です。
手術を受けた人は裸眼で生活できるようになります。
メガネやコンタクトから解放されるのです。

しかし、この手術を受けた人が語っている言葉は、良いものばかりではありません。
『合併症に』悩み、苦しんでいる人が現にいるからです。

挙げられるリスクには、ドライアイの悪化、夜間の視力低下、目の痛みから生じる頭痛や吐き気などがあります。
レーシック手術自体成功率は高いものですが、術後発生する合併症に関しては、いまだ完全に解決されていないのです。
技術の進歩によってこのレーシック手術にもりより正確性を向上させた新しい手法が受けられるようになりましたが、手術に関して慎重に考えるべきなのは言うまでもありません。
また、レーシックを老眼で改善させることは可能なのか気になりますね。

このページの先頭へ