芸能人

レーシック手術できない人について

年齢を重ねた方は、より視力の低下に悩んでいることでしょう。
老眼や白内障などは誰しもが経験することですが、若い頃のように裸眼でものを見たい、と思っている人も少なくありません。
そんな悩みを持った人のためにあるのが、『レーシック手術』です。

レーシック手術とは、眼に特殊なレーザー光線を照射し、角膜に加工を施すことによって、裸眼でも、ものが見える状態にできる手術です。
この手術は数年前まで、高齢者は基本的に受けることの出来ない手術でした。
それは何故でしょうか。
『老眼』の人はレーシック手術を基本的には受けられなかったからです。
また、強い近眼、極度の乱視、角膜の薄い人などは手術を基本的には受けられませんでした。

現代でも、そういった人は普通の人よりも手術のレベルが上がることには間違いありません。
ですが、そういった人のための手術方法が考案され、実際に受けることができるようになっているのです。
従来の方法を発展させ、コンピュータ制御等によって、より精度・安全性が向上したアイレーシックなどといった方法もあります。

注意すべき点として、基本的に未成年にはレーシック手術は推奨されていません。
若いうちは近視が進行中のためです。
レーシック、メガネ、コンタクトの特徴こちらも参考にご覧ください。


このページの先頭へ