芸能人

レーシックの今と昔の違い

医療の進歩は、私たちの目に見えないところでも急速に進んでいます。
昔では考えられなかった手術でも現代では可能になっています。
私たちは誰もが日々、その恩恵にあずかっているのではないでしょうか。

医療の進歩という点では、視力矯正手術のレーシックも、大きな進歩を遂げてきました。
基本的にレーシック手術とは、特殊なレーザー光線を角膜に照射することによって、屈折率を変えて視力を矯正させる手術のことです。
レーシック手術は目が悪い人のための画期的な選択肢として注目を集めましたが、そこにはいくつかの問題がありました。
それは、手術する人を選ぶということです。

基本的にレーシック手術は、強い近視や乱視持ちの人や、角膜が薄い人、老眼の人などは手術することができませんでした。
しかし、現代医療の進歩によって、その隔壁が取り去られつつあります。
アイレーシックや、エピレーシックといった手法のおかげで、強い近視、乱視に悩む人も治療が行える世になりました。
また、片目ずつ異なるレンズを入れるという老眼の人のための手術もあります。
もちろん、レーシック手術にはリスクを伴う場合が有りますので、よくそれぞれの手術方法について調査を行ってから決定することをおススメします。
アメリカでのレーシックについての記事も参考にご覧ください。


このページの先頭へ