芸能人

視力回復をレーシック手術で対応

私たちは生まれながらにして、「見る」ことを覚え、感じ、そしてそれに慣れています。
視覚を通して得るものは膨大なものですが、脳がそれらを処理しているおかげで私たちは美しいと感じたり怖いと感じたりするのです。
「見る」ことに慣れているせいか、それをつかさどる「目」の老化には気づきにくいのです。
いつの間にか目が悪くなっていたり、いつの間にかメガネの度が合わなくなったり、いつのまにか近くのものが見えなくなっていく…という風にです。

そんな私たちのために開発された技術が、「レーシック手術」です。
最近よく効くようになったことのレーシックという言葉は、裸眼でもものが見えるように視力を矯正する技術です。
多くの有名人が受けて話題にもなりました。

その仕組みは意外と簡単です。
従来のレーシック手術は、「エキシマレーザー」というレーザー光線を照射させ、角膜を削りレンズの屈折率を変えることにより視力を矯正するというものです。
また、手術の正確性が向上した手法も技術の進歩により登場し、レーザー照射などをコンピューター制御で行うなど、患者の負担がより少ない方法もあります。

眼鏡やコンタクトなどから解放される一方で、術後の副作用の可能性が完全に無いわけではありません。
ですが、もう一度自分の目でものを「見る」、そんな夢を叶えるのが、この手術なのです。
気になるレーシックとラセックの違いについての記事も参考にご覧ください。

このページの先頭へ