芸能人

レーシック手術にかかる手術時間

手術と聞くと、なんだか恐ろしいイメージが湧いて、痛いだとか、何時間も手術室に閉じ込められるような感じがするかもしれません。
それはあながち間違ってはいません。

しかし、視力を矯正するためのレーシック手術に、どれだけの時間が掛かるか知っておられますか?なんと、約15分程度なのです。
基本的に入院も必要ありません。
レーシック手術は、視力を矯正するために、フラップとよばれるふたを作成し、角膜に特殊なレーザー光線を照射することにより、レンズの屈折率が変わり、視力が矯正され、裸眼でもものが見えるようにする手術のことです。

現代ではレーシックの技術は大きく進歩し、コンピュータ制御により正確で再手術率の低い施術を受けられるようになりました。
また、強い近眼や乱視の人、老眼であっても視力を回復させることが可能になったのです。
もちろん手術方法によりかかる時間は異なりますが、わずかそれだけの時間で、視力を回復することができるのです。

もちろん、手術を受けた後の何か月間は、眼の状態を確認するために通院が必要ですが、忙しいサラリーマンや子育てに追われている主婦であっても受けられます。
事前に、手術のリスクなどを良く調べ。
医師と相談するなら、より納得のいく手術が受けられるでしょう。
気になるレーシックの価格についての記事も参考にご覧ください。

このページの先頭へ