芸能人

レーシック手術に関しての種類

技術の進歩は日進月歩です。
去年の常識が、今年の非常識になっていることもよくあることです。
それにより私たちの生活はより豊かになり、誰もがその恩恵にあずかっています。

医療の現場でもそれは顕著にみられ、視力を矯正させるおなじみの手術、「レーシック」においても同様です。
レーシックとは基本的に、レーザー光線を角膜に照射し、凸レンズの要領で屈折率を変えて視力を矯正する方法です。
この方法が考案されたのは100年以上も前であることを知らない人は多いかも知れません。
では、この手術はどのような進歩を遂げてきたのでしょうか。

従来のレーシック手術は画期的でしたが、いくらか問題があったことは否めません。
角膜の混濁、ドライアイなどの合併症が少なくありませんでした。
また、老眼や極度の近視、角膜が薄い人などには手術が施せない場合も多かったのです。
一度削った角膜は再生しませんので、慎重な判断が必要だったのです。

現在のレーシック手術には、老眼の人のためのレーシックや、より安全性や合併症を抑えられる「アイレーシック」や「イントラレーシック」などの手術方法があり、患者自身が医師と相談して受けられるようになっています。
手術費は従来のものと比べて高額ですが、目の事を考えればどちらを受けるべきか言うまでもありません。
よく耳にするレーシック難民についての記事も参考にご覧ください。

このページの先頭へ